自分に見合ったレーシックの種類を把握

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。

 

RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。

 

まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。



自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:21/4/11

大人と子供とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
子供にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
子供が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

子供のご飯においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

子供が摂取する穀物の多さこそ、
子供の脳の発達を促すことになるのだ。

お母さんとしては、
子供の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
お母さんが大量におかずを作ってしまうと、
子供は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな子供が育ってしまうのである。

子供には日本の伝統的なご飯で充分。
ごはんに味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢なご飯を出していては、
子供はバカになるだけ…

子供というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ体質も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は子供みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
子供はそうはいかないのである。


ホーム サイトマップ