最も気になるレーシックの治療費用

仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックを行なっているクリニックを比べる時に最も気にしてしまうのが、やはり術費用なのではないでしょうか?
保険が適用されませんので、全額自己負担となりますし、クリニックによってその価格は異なっているのです。

 

有名なクリニックにおきましては、どの程度の術費用をレーシックに付けているのかということを比較サイトで把握出来ます。
価格だけで決めるのはちょっと悩ましいことかもしれませんが、比較基準の一つとして把握しておくと良いでしょう。

 

レーシックの費用というのは、クリニック別で比較サイトで公開されていますが、料金だけで選ぶのは強引かもしれません。
保障制度など様々なことを比較して、より良いクリニックを選ぶようにしましょう。



最も気になるレーシックの治療費用ブログ:21/1/19

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

減量中は、
おかしは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、僕は考えてみました…

「おかしを食べたーい!」という人の頭の中は
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、ウエストが空いていなくても、
おかしのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おかしを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おかし」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おかしのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のウエストを写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおかしのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おかし」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おかしのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?


ホーム サイトマップ