レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:20/7/31

お腹をへこませるということは、
最終的には、お腹についた脂肪が減って、
体重も減少するということです。

体重を減少させる最大の要因は
消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。

消費と摂取のバランスが良く、必要な分だけ食べていれば、
太りもしないし、痩せもしないとなるわけです。

自分として一定の体重を維持していくことが、理想的な状態で、
減量成功後には、
この状態を続けていくことが大切になります。

人間の肉体は、加齢と共に基礎代謝が低下します。
その分、食べる事量を減らさなければ太ってしまいます。

若い時と、年をとってからでは運動量も違います。

年齢的に代謝が落ちても
以前とほとんど同じ量の食べる事を食べていては、
摂取カロリーが多くなって太りやすくなります。

個人的な体質にもかなりの差があります。
同じ量の食べる事を食べてもどれだけ吸収するか、
運動にしても消費カロリーは同じではありません。

なので、
自分の体質に合った方法で減量することが大切です。

もうひとつ大切なことがあります。
それは、
「減量=苦しい」と考えていたのでは、
成功は望めないということです。

減量中は苦しいと思う人がほとんどですが、
実質的には、何の我慢もしていないのではないのでしょうか?

必要以上につい食べ過ぎてしまった自分に対して、
自己嫌悪になるのが苦痛なだけで、
減量の苦しみとは関係ないのではありませんか?

苦しいな…と思うから
減量が最後まで続かないのです。
急激に体重を落とそうとするから辛くなるのです。

1ヶ月に1〜2キロを確実に減らしていけば、
一年で20kg前後の減量になります。
ゆっくり確実な減量を心がけるべきです。


ホーム サイトマップ