目に疾患がある時のレーシック

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。





フコイダンの案内
フコイダンドットコム
URL:http://daiichi-sangyo.com/


目に疾患がある時のレーシックブログ:20/9/20

一定の時期に食べることをやめる断食減量は、
すぐに痩せたい人にとって、
魅力的な減量法かもしれません。

でも、ボクは断食減量って良くないと思うんです。

確かに何も食べなければ、体重は減るでしょうが…
同時にボクたちは食べることによって、
生活していくために必要な栄養素を摂取しているんですよね。

それを一切受け付けないということは、
一過性のものとはいえ、後々ボクに影響するとも限りません。

皆さん、食べないとどうなりますか?
腹がすいてきますよね?

腹がすいてくると、動くのも億劫に感じませんか?
出来るだけ動かないようにして、ただひたすら空腹に耐える…
こんな経験をしたことがありませんか?

動かない減量というのは、
実は一番いけない減量法なんですよね。
動かないと筋肉がどんどんなくなってしまいます。
そして身体に残るのは脂肪…

これでは、基礎代謝は落ち、
身体も理想的なものではなくなる…といった風に
減量の目標を完全に見失ってしまいます。

もし、医者などの身体の専門家がついてくれるというのなら
別に断食減量を止めはしません。

でも、雑誌で見たからといって、
見よう見まねで断食減量を試みようとしているのなら、
「そんなことはやめなさい!」と言いたいですね。

筋肉が落ちて、代謝が下がった状態になっているにも関わらず、
痩せたからといって、安心して元の食事に戻したとします…

すると、あっという間に元通りの身体に戻ることは、
もはや想定の範囲内!
いわゆる「リバウンド」ってやつです。

リバウンドなしで理想的な身体を手に入れたいのなら、
適度な食事と適度な運動を継続的に続けていくことが、
最も確実で、最も手っ取り早い方法なんですよね!


ホーム サイトマップ