レーシックは妊娠中は避けるべき

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:21/3/06

おはよー

朝起きるのがつらい毎日。

ちょっと仕事先のことで落ち込んでいます


太郎は元気に朝方から
ウォーキングしてるから、感心します。

布団から出るのも辛いのに・・・。

ボノラート飲んで、筋トレ。

コレも室内限定(笑)

曇りのち雨が云々というよりも、夏は暑くて、
冬は寒いとなると、まずはやる気がなくなる。

一週間くらい前も、ダイエットゼリー マスカット味を
食べてて、一応メタボ対策・・・らしい。

でも、徹底している人は凄いよね!

朝方からEMSグローブ!

17時からご飯!!

みたいに規則正しい生活を送ってたりするし、
会社でも必ずジムやエステ通いを欠かさない
って人がいるけど・・・お金に余裕があるのが
うらやましい。

図書館に行くぞ!となれば、楽しく
早起きもできるけどね(笑)

ま、寿司を食べている時が幸せ〜
なんて言っている今は、ダイエットは無縁。

不健康だと感じたら、考えるかもしれないけど。

人間楽しみがないとねー、やる気もでないし、
仕事漬けの毎日じゃ、やる気もなくなっちゃうし。

読者様もきっと同じだよねー。

最近は、現代病って言われている精神的な
病が多いから、負けないようにしないとね。

こないだも友達の会社の人が、休職したみたい。

理解があるから、まだ休職でいられるのかも
しれないけど、理解がなければ辞めなくては
いけない状況にもなっちゃうよね。

不景気だから、給料のこととかもあるだろうし、
我慢して働き続けても余計悪くなっちゃうし。

それを考えたら・・・運動で気楽に生き抜きを
できるって良いことかもね。





ホーム サイトマップ