目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック


目に疾患がある時のレーシック
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。




目に疾患がある時のレーシックブログ:20/9/26

減量を始めたけど、
体重に左右されたくないから、体重計にはあまり乗らない…
普段から体重計に乗るのをなんだか避けてしまう…
減量に失敗し続けていた頃の私は、そんな感じでした。

減量がなかなか成功しない友達からも
同じような話を聞いたことがあります。

だからこそ私は、
減量中には、
毎日体重計に乗った方が効果的だと思うんです!

以前、体重計が壊れてしまい、
体重計がない状態が長く続いた時がありました。

それまでは、
毎日体重計に乗っていたので
体重を計れない事が始めは不安だったりしたんです。
でも、馴れるとあまり気にしなくなりました。

少し太ったかな?とは思いつつも、
そんなにたくさん食べすぎている事もないし、
さほど体重も増えていないだろうと思っていたんです。

これが落とし穴だったんです。
想像と現実って、結構差があったりするものですよね。

そこまで体重は変わっていないと思っていたのに…
実際は4`も増えていたんです。

毎日体重計に乗っているのと乗らないのとでは、
私の場合、大きく差が出てしまったんですね。

「体重を見るのがイヤ!」
こう思って避けていると、
結局は想像でしかないので、現実がわからないんですよね。

ですから、
2日に一回でもいいので体重計に乗ることを、
私はおすすめします。
その方が減量にもきっと良い影響を与えると思います!

今の状況をなんとなくしか解っていない…
これでは減量が
なかなか前には進まないと思うんです。

しっかり状況を把握して、減量を順調に進めましょう!

目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック