気になるレーシック手術の使用器具

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:20/7/31

減量を始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「減量しよう!」
    ↓
「減量成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、友人も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、減量に成功し、
それが自分に自信をもたらし、友人が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

減量に成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「減量成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

ひと月に2KG痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
一年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初に減量を始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それはおれもそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するための減量は、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちたおれ…
友人と楽しく話をしているおれ…
好きな友人と腕を組んで歩いているおれ…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!



ホーム サイトマップ