レーシックとドライアイとの関係

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。



レーシックとドライアイとの関係ブログ:21/1/20

太っている人には、ある共通点があるみたいです。
それは「肉体を動かさない習慣」です。

自転車、自動車、エレベーター、エスカレーターなど、
便利な道具が増えました。
その便利さに甘んじて、ついつい頼りがちになり、
楽なほうへと偏ってしまう…

そして、気がつけば
「肉体を動かさない習慣」が当たり前になっています。

人によっては、歩いていけるコンビニさえも、
バイクや自転車を使う人がいるというのですから驚きです。

シェイプアップがなかなか上手くいかないという人は、
太りやすい体質が原因なのではなく、
肉体を動かさない生活習慣こそ、真の原因だと思います。

できるだけ動きたくないというだらしのない気持ちが、
如実に体形に表れているのでは?
かくいうわしもそうだったんですが…

シェイプアップをしている皆さんはいかがでしょうか?

便利な道具に囲まれている生活のため、
いつの間にか「肉体を動かさない習慣」が
当たり前になっていませんか。

シェイプアップで
変えるべきなのは「食生活」だけではなく
「体操習慣」もなんですよね。

あえて便利な道具は使わず、
積極的に肉体を動かす習慣へと変えましょう!

例えば…
階段を使うのを当たり前にしてみましょう。
ひとつ上の階や下の階くらいであれば、階段を使うようにします。

ショッピングに行くときには
「自動車」ではなく「自転車」を使います。
そうすれば、肉体を動かす機会が増えますね。

歩いていける距離であれば、
散歩をしながらショッピングをするのを習慣にします。

「肉体を動かさない習慣」を当たり前にするのではなく、
「肉体を動かす習慣」を当たり前にしましょう!


ホーム サイトマップ